食生活改善で予防|腎臓病や様々な病気を予防するために必要な食事

腎臓病や様々な病気を予防するために必要な食事

レディ

食生活改善で予防

病食

痛風を予防したり、改善するには尿酸を減らす努力が必要です。その為には、まず食事を変える必要があります。プリン体を多く含む食品は食事から減らさなければいけません。まず減らすべき食品類は、ビールを中心としたアルコール類全般です。痛風の方に酒好きが多いのは有名な話しです。また酒のおつまみに好かれそうなアン肝や白子、レバーなどの内臓類は特に多くのプリン体を含んでいます。その他には肉類、魚類に多く含まれます。次に尿酸値を下げる事を考えます。尿がアルカリ性になれば尿酸は溶けやすくなり、より多くの尿酸が尿と共に体外に排出され尿酸値が下がります。食事にわかめやひじきなど海藻類、ほうれん草、にんじん、キャベツなどの野菜を頻繁に摂るように心掛けましょう。また、栄養バランスのとれた食事を毎日とることが難しいという場合は宅配サービスを活用すると良いです。痛風の人向けに作られた弁当があり、悪化を防ぐことが可能です。インターネットで簡単に病食宅配サービスを調べることが出来るので、まずは問い合わせてみると良いでしょう。

食事内容に関しては上記内容を守りながら、腹八分でやめる習慣をつけましょう。肥満になると尿酸は増える傾向にあります。また日常の暮らしの中でも痛風の予防に役立つ事はあります。肥満を避けるために適度な運動も大切です。しかしここで注意が必要なのは急激な運動、激しい運動はいけません。かえってプリン体を増やす可能性がありますのであくまでも適度な運動です。2〜30分程度のウォーキング程度でも十分です。それと水を沢山飲む事も痛風の治療、予防に役立ちます。水分は摂れば摂るほど尿の量が増えますので、同時に尿酸を排出してくれます。日々2リットル前後水を飲む事が推奨されています。また過度のストレスもプリン体を増やす事がわかっています。リラックスできる環境に自分を置くことも大切です。食事や生活改善で痛風にならない健康的な身体を目指しましょう。